FE168SS-HP

共鳴管スピーカー KS16H(FE168SS-HP使用)

共鳴管スピーカー KS16H、一般的なスピーカーと違うところ

  1. スーパーツイーターは、同軸配置。とりあえず、竹の割り箸で支持している。
    理想の「点音源」に近い空間の表現、には程遠いいが。
  2. 2wayだけど、コンデンサーは使っていない。
    ネットワークによる信号の損失がない。
  3. 共鳴管の断面積は、「振動板面積の2~3倍」が普通だと思いますが。
    KS16Hは、「振動板面積の1.4倍」、開口部では「振動板面積の2.5倍」。
     空気室の容量は、かなり小さく2.1リットル?共鳴管なので、どこまでが空気室なのかわからない。管の長さは、2.6m。
  4. スピーカユニットの固定は、磁石の後ろを支える方式。共鳴管の空気室の、補強された背面バッフル板に直接支持されている。
    共鳴管スピーカーですが、しっかりとした低音域が期待される。
     Pink Floyd - Echoes / Live at Pompeii ( full )

KS16H
KS16Hは、FE168SS-HPの磁石を背面バッフル板に直接支持されていて、スペーサーを介していない。

型番を付けます。KS16H(重量 1本 35kg超)

  • 共鳴管スピーカーなので → KS
  • 16cmスピーカーなので → 16
  • FE168SS-HPの一文字を拝借して → H
    単純に、KS16Hに決定。
     

a:95 t:5 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional